一戸建て住宅を買う

現在賃貸マンションやアパートに住んでいても、いつか一戸建て住宅を購入したいと思っている人は多いものです。このサイトでは、一戸建て住宅を購入する「建売住宅」と、一戸建て住宅を建てて住む「注文住宅」とを比較してメリットデメリットを説明します。

建売住宅のメリットとしては、価格が明確でわかりやすいことが挙げられます。間取りや使う部材が決まっているため、購入前に価格が一目でわかり予算オーバーを避けられます。また、仕上がりをイメージしやすいこともメリットと言えるでしょう。実際にイメージ図を見たりモデルハウスに行ってみるなどして、はっきりしたイメージを持って購入を決めることができます。

建売住宅のデメリットとしては、希望通りの間取りや外観にはできないこと、好みの部材を取り入れることはできず、建設会社にお任せになることが挙げられます。また、将来子どもが大きくなってきた場合などを視野に入れてリフォームしやすい設計にしておくことが難しいことも人によってはデメリットとなるでしょう。

ちなみに、建売のほうが安く済みそうというイメージを持っている人もいますが、注文住宅でも「この部分はコストを削ってほしい」といった細かい依頼ができるため、一概に建売が安いとは言い切れません。

この記事が、建売住宅か注文住宅かを検討する参考になれば幸いです。