一戸建て住宅を借りる

「いつかは庭付き一戸建ての家に住みたい」ということが、多くの人が描く夢の代表として語られることがありますね。この言葉には「マイホームを購入する」という意味合いが含まれていることが多いですが、実際には一戸建ての家は賃貸で借りることもできます。このサイトでは、賃貸で一戸建て住宅を借りるメリットとデメリットを説明します。

まず、賃貸で借りるメリットとしては、気軽に一戸建て住宅に住めるという点が挙げられます。地域によってはマンションとさほど変わらない金額で借りることができる場合もありますし、一戸建てで家に不具合が生じるとかかる金額が大きくなりがちですが賃貸の場合、消耗であれば大家さんが負担してくれます。また、将来的に一戸建て住宅を購入することを考えている場合、まず賃貸で住んでみることにより、どういった作りがよいかなどを検討する参考になります。また、賃貸であれば、不動産取得税や固定資産税などの税金も一切支払う必要がありません。そして、購入する場合と違い、そこに住むのをやめたいと思ったら契約を解除するだけで済みます。

デメリットとしては、一戸建てに限ったことではありませんが、持ち家ではないので、家に何か手を加えたい場合は大家さんの許可が必要になり、完全に自由にはならないということが挙げられます。

これらメリットデメリットを参考に、一戸建てを借りる検討をしてみてはいかがでしょうか。


◆ おすすめ関連情報 ◆
今住んでいる住宅が賃貸ではなく持ち家の場合、引越しなどで不要になった場合は売ることができます。どれくらいの価格で売れるのか不動産の査定ができる無料サービスがありますので、ご紹介します →→ 不動産の査定